MINT WIND


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

何らかの記念日やイベントがあった時には、映像を残すことが多いでしょう。そして、スマートフォンやデジタルビデオカメラを使って、撮影をする人も大勢いるはずです。その映像は、データ形式として保存することが可能です。しかし、少し前の映像の場合、VHSやminiDVなどのテープに記録したものが多いです。そういったテープの映像をダビングするサービスを提供しているのが、ダビングコピー革命です。専用の機器がないと再生ができないテープの映像を、扱いやすいデータ形式や、DVDなどに変換してくれるサービスです。利用方法は非常にシンプルで、映像を記録したテープを郵送するだけです。後は待っているだけで、データ形式の映像が届きます。もちろんダビング元のテープは返却されるので、元の映像がなくなってしまうことはありません。ダビングコピー革命の強みとしては、ダビング元の時間に制限が設けられていない点が挙げられます。テープの長さが何分であっても料金は統一してあり、一定の時間を超えるからといって、追加料金が発生することはありません。また、ダビング作業中にテープが劣化によって切れてしまった場合、その修復作業には料金が発生しません。そのため、古くて切れてしまうかもしれないテープであっても、安心して預けることができます。さらに、テープを預けてからすぐにダビング作業に入るのではなく、まずは見積もりを作成するところから始まります。提示された料金に納得できて初めて契約を結ぶ形になるので、想定外の料金を支払うということにはなりません。また、10本以上のテープのダビングを依頼する場合、事前にサンプルを見ることができます。実際にどのような仕上がりになるのかを、料金と照らし合わせながら確認できるため、満足できる結果になりやすいでしょう。そして、基本的な納期は40日ですが、相談次第ではそれよりも短い期間での仕上がり対応も可能です。したがって、映像をすぐにデータ化したい場合などにも利用できます。
Tagged on: ,ダビングコピー革命